治療を受けられない人がいる?

こんな人はインプラント治療が出来ないかも?

インプラント治療は、顎の骨の発達がおさまる16歳以上の方であれば、基本的には誰でも治療できる療法です。

ただし、ごく一部の人ですが「インプラント治療に適していない」と医師に判断され、治療を断るクリニックもあるようです。

以下に、断られやすい人の特徴をまとめました。

骨量が少ない人(骨粗しょう症など)

インプラントは、顎の骨に人工歯根を植え付ける手術がともないます。近年では人工骨や骨移植などの技術が発展し、顎の骨が薄い方や骨量が少ない方でも可能になってきていますが、重度の骨粗しょう症の方などは施術が出来ないこともあるようです。

一般的に、骨密度が低い「タイプ4」の方だと手術の成功率が低いといわれます。もちろん成功例がないわけではありませんが、義歯など他の治療法を勧める医師が多いようです。

重度の歯周病を患っている人

歯周病の原因にもよりますが、歯周病がもとで歯を喪失した方は骨量が少ないケースもあり、上記と同じ理由で治療が出来ない方もいます。

口のなかをきれいな状態に保つ(口腔衛生)意識を改善することで治せるような歯周病の場合は、インプラント治療は可能なようです。

噛み合わせが悪い人

噛み合わせに問題がある方や、歯ぎしりがひどい方などは、インプラント治療を行っても、かえって歯に悪い影響を及ぼすこともあります。マウスピースなどを使って噛み合わせを矯正するなど、他の治療法を勧めるクリニックもあるようです。

重度の心臓病・糖尿病を患っている人

心臓病で麻酔も使うのが難しい、心筋梗塞や高血圧など循環器に疾患がある、若年性糖尿病など重い疾患にかかっている方は、手術中に万一のことが起きた場合や術後メンテナンスも考えて、医師が難しいと断るクリニックもあります。かかりつけ医との相談も必要でしょう。

ヘビースモーカーの人

タバコに含まれるニコチンは、血管の収縮や血流を悪くすることから、歯周病の一因になるとされています。また、顎の毛細血管などへ白血球が運ばれにくくなり、インプラントと骨との結合を妨げる一因にもなります。

実際、術後にトラブルが起きたケースの多くが喫煙者だというデータもあり、治療出来ないと断るクリニックもあるようです。

治療ができるか?まずは相談を!

ここで紹介したケースは、インプラント治療が必ずしも出来ないというわけではありません。信頼できるクリニックであれば、義歯など他の治療法を含めて最良の方法を提案してくれるでしょう。

相談料が無料のクリニックも多いですから、何よりも先に専門医へ相談してみることをお勧めします。

足立区のおすすめ
インプラント歯科を紹介!

長くお付き合いできる 足立区でインプラント保証期間が長いクリニック3選
小林歯科医院
最長保証期間
10年
荻原歯科
最長保証期間
7年
日比谷歯科
最長保証期間
5年

足立区内でインプラント治療を提供しているクリニックのうち、院内にCTを完備しているクリニックの最長保証年収を比較しています。

◆インプラント治療の費用と期間について

インプラント治療の平均的な費用は1本当たり25~45万円、期間については平均6ヶ月~12ヶ月と言われています。
症状やクリニックによって費用・期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

◆副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や金属部品による金属アレルギーの恐れがあります。
また、インプラント治療に関わる持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

おすすめの
インプラント歯科は?
【足立区】

顎の骨が薄いと、インプラント治療を断られることをご存知ですか?

滋賀大学病院ではインプラント治療を希望する人の約4割が治療前に骨を厚くする処置が必要だったというデータがあります。

そこで足立区でインプラント治療ができるクリニックのうち、院内にCTを完備している5院を骨を厚くする処置の可否と、最長保証年数で比較しました。

足立区の
インプラント
歯科を紹介