一般的なインプラント治療の流れ

インプラント治療は段階を踏むことが大切

インプラント治療は、カウンセリングをするところから始め、精密検査や埋入手術、さらに人工歯装着後にはメンテナンスと、段階を踏みながら進めていきます。

ここで、一般的なインプラント治療の流れをまとめました。

また、足立区のおすすめインプラント歯科の情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

足立区のおすすめ
インプラント歯科を紹介!

1.カウンセリング

インプラント治療法は、いくつもの種類があります。そのなかから、患者に適した治療法を決めるのが、カウンセリングの役割です。患者の歯についての悩みや希望などを医師がヒアリングしながら、治療計画を立てていきます。

2.精密検査

一人ひとり異なる歯の健康状態を正しく把握するため、口腔内検査やレントゲン撮影、CT撮影などで細かくチェックします。精密検査は、インプラント治療の成否を決める重要な検査です。治療後のメンテナンスに影響することもありますから、丹念に確認してもらいましょう。

3.事前治療

虫歯や歯周病があると、インプラント治療ができません。インプラント治療を行う前に、虫歯や歯周病の治療を済ませます。顎の骨が小さい人の場合、骨の再生治療や移植を行うこともあります。

4.埋入手術

ここから本格的にインプラント治療が始まります。まずは、歯を埋め込む先(顎の骨)に「人工歯根」を装着します。患部に麻酔をかけて歯肉を切り開き、ドリルで穴を開けます。顎の骨まで届いたら、そこに「人工歯根」を装着。しっかり埋め込んだら、歯肉を縫い合わせて固定します(縫い糸は1~2週間後に抜糸します)。

5.結合期間

人工歯根と顎の骨がしっかり結合するまで、平均で2~3カ月くらいかかります。この間は、仮歯を使って経過観察。噛み心地や歯の磨きやすさなどをチェックします。

6.人工歯装着

経過観察で問題がなければ、実際に取り付ける人工歯の作成です。まず、人工歯根とつなぎ合わせる支柱を埋め込む手術を行い、歯ぐきの状態が治るまで経過観察。その後、人工歯の型をとって人工歯が完成。インプラントに装着します。

7.メンテナンス

インプラントを長く安定させるには、定期的なメンテナンスが重要。おおよそ3カ月~半年に一度のペースで定期検診を行うことはもちろん、正しいブラッシングなどで口の中の衛生状態を保つことも大切です。

長くお付き合いできる 足立区でインプラント保証期間が長いクリニック3選
小林歯科医院
最長保証期間
10年
荻原歯科
最長保証期間
7年
日比谷歯科
最長保証期間
5年

足立区内でインプラント治療を提供しているクリニックのうち、院内にCTを完備しているクリニックの最長保証年収を比較しています。

◆インプラント治療の費用と期間について

インプラント治療の平均的な費用は1本当たり25~45万円、期間については平均6ヶ月~12ヶ月と言われています。
症状やクリニックによって費用・期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

◆副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や金属部品による金属アレルギーの恐れがあります。
また、インプラント治療に関わる持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

おすすめの
インプラント歯科は?
【足立区】

顎の骨が薄いと、インプラント治療を断られることをご存知ですか?

滋賀大学病院ではインプラント治療を希望する人の約4割が治療前に骨を厚くする処置が必要だったというデータがあります。

そこで足立区でインプラント治療ができるクリニックのうち、院内にCTを完備している5院を骨を厚くする処置の可否と、最長保証年数で比較しました。

足立区の
インプラント
歯科を紹介