インプラント治療の失敗事例

実際によくあるインプラント失敗ケース

インプラント治療後に、歯がぐらついたり歯茎の腫れがおさまらないなど、トラブルになるケースもあります。こうしたトラブルの多くは、術後の不適切なメンテナンス、つまり患者側にあることがほとんどです。

しかし、クリニック側の治療ミスや失敗が原因にあるケースも稀にあります。なかには、訴訟問題に発展した例もあるのです。実際に、どういった失敗ケースがあるのか、インプラント治療の失敗例をいくつか紹介しましょう。

インプラントがぐらついて、しっかり噛めない

食事中に人工歯が安定せず、食べ物をしっかり噛めないという場合、インプラントを埋め込んだ位置や角度に問題があるかもしれません。

インプラントは顎の骨としっかり結合することで、本物の歯のように機能しますが、手術の失敗で顎の骨とうまく結合していないと、「歯がぐらつく」とか最悪の場合「歯が抜ける」というトラブルもあります。

いつまでも痛みや腫れが治らない

インプラントの手術は、術後一週間くらいは痛みや違和感が残ることがあります。一週間を過ぎてもなかなか痛みや腫れがひかない場合は、治療ミスが原因と考えられることもあります。

いちばんやっかいなのは、不適切な処置によって患部に細菌が入ること。これが原因だと、痛み止め薬だけでは治りません。

また、患部周辺にしびれを感じる場合は、人工歯根が神経に触れているケースも考えられます。

人工歯が欠けた!外れた!

人工歯が欠けたり脱け落ちたりといったトラブルの原因は、噛み合わせに問題があるかもしれません。

インプラント治療の初期段階で、精密検査を行います。その際、噛み合わせについてもしっかりチェックされるのですが、チェックが甘いと噛み合わせが合わず、人工歯に負担がかかったり、人工歯根に悪影響を及ぼしたりして欠けや抜け落ちるといったトラブルになることもあります。

トラブルを防ぐには信頼できるクリニック選びが重要

歯科医師の失敗(医療ミス)によるトラブルを防ぐには、信頼できるクリニックを選ぶことが重要なポイントです。

例えば、設備。精密検査ではCTスキャンを使うのが通例ですが、こうした設備のないクリニックもあります。CTスキャンのあるクリニックのほうが、症例も多いでしょうから安心して依頼できるでしょう。

また、万一にそなえて保証内容もチェックしたいポイントです。期間の長いクリニックは、それだけ腕に自信があるクリニックともいえます。

足立区のおすすめ
インプラント歯科を紹介!

長くお付き合いできる 足立区でインプラント保証期間が長いクリニック3選
小林歯科医院
最長保証期間
10年
荻原歯科
最長保証期間
7年
日比谷歯科
最長保証期間
5年

足立区内でインプラント治療を提供しているクリニックのうち、院内にCTを完備しているクリニックの最長保証年収を比較しています。

◆インプラント治療の費用と期間について

インプラント治療の平均的な費用は1本当たり25~45万円、期間については平均6ヶ月~12ヶ月と言われています。
症状やクリニックによって費用・期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

◆副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や金属部品による金属アレルギーの恐れがあります。
また、インプラント治療に関わる持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

おすすめの
インプラント歯科は?
【足立区】

顎の骨が薄いと、インプラント治療を断られることをご存知ですか?

滋賀大学病院ではインプラント治療を希望する人の約4割が治療前に骨を厚くする処置が必要だったというデータがあります。

そこで足立区でインプラント治療ができるクリニックのうち、院内にCTを完備している5院を骨を厚くする処置の可否と、最長保証年数で比較しました。

足立区の
インプラント
歯科を紹介